安全衛生への取り組み
/ Safety /

当社では労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、従業員の安全性確保と生産性向上、
および社会的な信頼性維持に取り組んでいます。

労働安全衛生基本方針

  • ① 安全操業を担う人材の育成
  • ② ルール順守で安全トラブルゼロ
  • ③ みんなで作る心と身体の健康職場

安全衛生活動

1 . コミュニケーション

安全と衛生は企業活動の根幹と位置づけ、ラインによる管理の推進をサポートするため本部安全衛生委員会、支部安全衛生委員会を定期的に開催して活発な活動を行っています。
また、全国安全週間や労働衛生週間を機に、みんなが参加する改善提案を募集し、審査に基づく表彰、優秀な内容の発表を通して安全衛生の確保と啓発活動に継続して取り組んでいます。

2 . 安全審査

当社では新規取り扱い物質、新設備および新技術を導入する重要なステップで研究開発、生産、設備設計を経験した社内有識者で構成する安全審査委員会により事故および災害を未然に防ぐための安全審査を実施しています。

3 . リスクアセスメント

ヒヤリハット事例、トラブル事例、潜在危険・有害要因、ヒューマンエラー等を対象要因として取り組んでいます。

4 . 化学物質のリスクアセスメント

化学物質やその製剤の持つ危険性や有害性を特定し、それによる危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積り、リスクの低減対策を実施し、ばく露防止に取り組んでいます。

5 . 健康管理

当社は、労働安全衛生法に基づく健康診断を実施し、産業医または嘱託医、産業カウンセラーと連携をとりながら、従業員の心身の健康の維持・増進に取り組んでいます。
職場における心理的ストレスや過重労働による健康障害を防止するため、従業員全員を対象として、カウンセリングサポート、メンタルヘルス研修、その他の活動を実施しています。

6 . 緊急事態への対応

当社では万一、自然災害、爆発・火災・漏洩、労働災害等の緊急事態が発生した場合、予め定められた手順に従って関係連絡先への通報や必要な処置を実施します。また、事業所ごとに定期的に想定訓練を実施して、万一緊急事態が発生した場合に適切な行動が取れるように備えています。

  • 京都工場、消防訓練

    京都工場での消防訓練の様子

  • 堺工場、消防訓練

    堺工場での消防訓練の様子

環境・安全・品質活動
/ Activity /

  • 環境・安全・品質の活動

  • 環境宣言

  • 環境への取り組み

  • 安全衛生への取り組み

  • 品質への取り組み

page_top