Governance
/ コーポレート・ガバナンス /

新日本理化のコーポレートガバナンスの仕組み

新日本理化のコーポレートガバナンスの仕組み図 新日本理化のコーポレートガバナンスの仕組み図

各機関および委員会の役割・機能

取締役会

社外取締役5名(うち3名は監査等委員である取締役)を含む8名の取締役で構成し、経営の基本 方針等の重要事項に関する意思決定を行います。

指名・
報酬諮問委員会

社外取締役5名で構成し、役員候補者の指名や役員報酬について審議の上、取締役会に答申します。取締役会は諮問委員会の答申を踏まえ、意思決定を行います。

監査等委員会

社外取締役3名で構成し、会社の意思決定や業務執行が適切に行われているか監査します。監査室は、監査等委員会の指示のもと内部監査を行うほか、同委員会をサポートします。

会計監査人

会社の計算書類について会計監査を行う外部機関です。当社はEY新日本有限責任監査法人を選任しています。

経営会議

取締役および執行役員で構成し、業務執行に関する具体的な案件について議論・決定します。

CSR委員会

社長を委員長として、CSR経営を推進・強化するための意思決定や活動の取りまとめを行います。

コンプライアンス
委員会

社長を委員長として、内部通報制度等のコンプライアンス推進施策の実施状況について評価・改善を行います。

コンプライアンスについて

page_top