Environment
/ 環境への取り組み /

環境理念

新日本理化株式会社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであることを認識し、化学品製造販売を業務とする立場から、積極的に環境負荷の低減を目指します。

環境方針

新日本理化株式会社は、化学品の製造および研究開発に関わる事業活動と、これら製品の環境影響を低減するための環境管理を実践すると共に、資源枯渇防止に配慮して再生可能な原料の調達に努め、環境負荷との調和を考えた活動を推進いたします。

1 . 法遵守と汚染予防

環境に関わる法規制その他の要求事項を遵守して環境汚染の予防に努め、社会や地域の環境保全に取り組みます。

2 . 環境負荷低減活動

事業展開に伴う環境汚染を把握し、且つ継続的な改善にて環境管理を行い、汚染の予防に取り組みます。

  • ① 環境配慮型商品の購入、および製品の設計・開発・製造・販売活動を展開します。
  • ② 有害化学物質の把握・管理を強化して、排出物の削減活動を行います。
  • ③ 環境負荷に配慮した研究開発、および排出物の管理に努めます。

3 . 教育および周知活動

この環境方針を達成するために環境目的・目標を設定し、自主的に環境汚染防止活動が実践できるよう、環境教育を通じ全従業員に周知いたします。本環境方針は、社外にも開示します。

事業活動による環境負荷

マテリアルフロー 全社(4工場)合計 (2020年度実績)

マテリアルフロー
マテリアルフロー・input ↓ マテリアルフロー・事業活動 ↓ マテリアルフロー・output

環境負荷低減への取り組み

新日本理化は限りある資源を有効に利用するため、全社で省エネの推進、廃棄物の低減を進めています。

省エネルギーの推進

各工場では、プロセスの管理値最適化、省エネルギー機器の積極的導入をはじめとし、蒸気廃熱の回収再利用、蒸気配管の効率化などを実施し、燃料・電気使用量の削減を推進しています。

今後も、経済産業省資源エネルギー庁が掲げる「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」の毎年1%削減の目標に向かって、生産量あたりのエネルギー原単位の削減とCO2排出量削減を目指した活動を推進します。

廃棄物の低減

新日本理化は環境負荷並びに処理コストの削減の観点から、当社は継続して廃棄物の低減に努めていきます。

生産量あたりの廃棄物量を直接減らすことは困難ですが、発生した廃棄物のリサイクルを推進することで再資源化率※を高める取り組みを行っています(2020年度実績86%)。

※再資源化率:発生する廃棄物のうち自社または外部委託先で処理されリサイクルに用いられる割合

持続可能な原料調達

新日本理化はビジネスパートナーであるサプライヤーとともに、社会の要請や期待に応え、事業を通じて様々な価値を創出し続けるために、CSR方針に基づく調達活動を行っています。環境に配慮した原料調達の取り組みとしては、当社の主要な原材料の一つであるパーム油誘導体に関する持続可能な調達が挙げられます。

RSPO認証油の調達

当社グループは、パーム油・パーム核油を原材料とした、脂肪酸・高級アルコール・界面活性剤などの製品を製造、販売しております。

これら製品の環境負荷を低減し、持続可能な原料の調達に努めるべく、2015年7月より「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」の正会員となり、RSPO認証油の調達および使用を進めてまいりました。

2020年度のRSPOの取り組み

2020年8月 京都工場 SCCS認証(Mass Balance)取得。
2020年8月 アルベス㈱ ディストリビューターライセンス取得。
page_top