RSPO認証について
/ RSPO /

-持続可能なパーム油の調達・使用について-

RSPOイメージ1

パーム油・パーム核油は、アブラ椰子から採れる油で、他の植物油脂と比べ生産効率に優れており、世界で一番利用されている植物油です。用途は、食品・化粧品・洗剤・燃料など多岐にわたり、人口増加などにより、その需要は年々拡大しています。それに伴い、主産地の東南アジア域を中心に急速な農園拡大が続き、森林伐採など環境や社会への問題が引き起こされています。
私たち新日本理化グループは、パーム油・パーム核油由来の高級アルコール、脂肪酸および界面活性剤などを販売しており、これら製品の環境負荷を低減し、持続可能な原料の調達に努めるため、RSPOに加盟し、SCCS認証を取得しています。

  • RSPOイメージ2
  • RSPOイメージ3
  • RSPOイメージ4

RSPO(Roundtable on Sustainable Palm oil)

RSPOは、正式名称「Roundtable on Sustainable Palm oil(持続可能なパームのための円卓会議)」といい、世界自然保護基金(WWF)を始めとする関係団体が中心となり、2004年に設立された非営利組織で、パーム油産業に関わる7つのセクター(パーム油生産業、搾油・貿易業、消費者製品製造業、小売業、銀行・投資会社、環境NGO、社会・開発系NGO)で構成されています。RSPOの目的は持続可能なパーム油の生産と利用を促進することです。

RSPO認証

RSPOでは持続可能なパーム油の生産と利用を促進するため、生産と流通の2つの認証制度が設けられています。
1つは、生産段階での認証(P&C認証)です。
農園・搾油工場を対象とした認証制度で、パーム生産を行う過程でRSPOが定めた「原則と基準(Principle & Criteria)」を満たしているかを認証する制度です。
もう1つは、サプライチェーンにいる企業向けの認証(SCCS認証)です。
製造・加工・流通過程にいる企業を対象とした認証制度で、認証油を使用して作られた製品を取り扱う各工程でRSPOの要求事項を満たしているかを認証する制度です。

RSPO認証イメージ

新日本理化の取り組み

当社はRSPOに加盟し持続可能なパーム油の生産に貢献することがパーム油のサプライチェーンにいる企業としての責任ととらえ、持続可能な原料調達を進めるため、2015年7月にRSPOの正会員となり、2018年よりSCCS認証(Mass Balance)を取得しております。現在では、京都工場、徳島工場、およびグループ会社の日新理化株式会社において、認証品を製造及びお客様に提供できる体制を整えております。今後も更なるSCCS認証品のラインナップを広げていく事を計画しています。
新日本理化グループはRSPOを通して、パーム油に関わる環境保護に貢献するとともに、認証製品を必要とするユーザーのご要望にお応えします。

RSPOへの取り組みの歩み

2015年7月:RSPOに加盟(正会員)。

2018年8月:徳島工場製品 SCCS認証(Mass Balance)取得。

2019年1月:SCCS認証製品(Mass Balance)の販売開始。

2019年8月:日新理化㈱製品 SCCS認証(Mass Balance)取得。

2020年8月:京都工場 SCCS認証(Mass Balance)取得。

2020年8月:アルベス㈱ ディストリビューターライセンス取得。

2021年6月:イワタニ理化㈱SCCS認証(Mass Balance) 取得。

RSPOロゴ

「私たちの進捗状況を www.rspo.orgでチェックしてください」

page_top