コンプライアンス
/ Compliance /

  

当社は、「もの創りを通して広く社会の発展に貢献します」という経営理念のもと、社会からの期待と信頼に応える企業であるため、コンプライアンスの徹底を経営の重要課題と認識しております。当社の役員・従業員の拠りどころとなる行動規範「NJCコンプライアンス」を策定し、経営理念および各種社内規程と合わせて、コンプライアンスに根ざした経営の仕組みを構築しております。また、社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、当社におけるコンプライアンス体制の評価と改善策の検討を継続的に行うことにより、実効性を確保しております。

新日本理化のコンプライアンス

1.健全な企業活動の推進

①常に企業人としての自覚を持ち、当社の永続的な成長・発展を目指します。
②高い倫理観・道徳観のもとに、法令や社会規範を遵守し、公正かつ適正な企業活動を行います。

2.地球環境への配慮

①環境保全に配慮した製品の開発・研究を行います。
②公害防止を図り、省エネルギー化・リサイクル推進に努めます。

3.基本的人権の尊重

①基本的人権を尊重し、国籍、性別、信条、障がいなどによるあらゆる差別を排除します。
②児童労働、強制労働、不当な低賃金労働、ハラスメントなどの非人道的な扱いを排除します。

4.働きやすい職場環境の提供

①従業員の仕事を通じた自己実現を可能とするため、適正配置・機会均等の確保を図ります。
②従業員の能力・仕事の成果を公正に評価し、公正な処遇を行います。
③従業員が安全かつ衛生的な職場で健康的に働くことのできる環境づくりを推進します。
④従業員の心と身体の健康保持増進のため、従業員の健康管理・メンタルヘルス対策を推進します。

5.社会との相互理解・社会貢献

①地域社会に密着した社会貢献活動を行います。
②海外での事業展開にあたり、世界の文化や慣習を尊重します。

6.公正な取引

①独占禁止法や下請法をはじめとする競争法を遵守し、公正な取引を行います。
②製品の輸出入にあたり、国内外の関連法規の遵守・貿易管理の徹底を行います。
③贈収賄をはじめとするあらゆる腐敗の防止に取り組みます。
④反社会的勢力との関係を一切持たず、取引を排除します。

7.情報の管理と活用

①当社や他社の株式の売買に関連したインサイダー取引およびそれを誘発する行為を行いません。
②業務上取り扱う秘密情報(個人情報を含む)の管理・保護を徹底し、漏洩を防止します。
③ステークホルダーに対し、企業情報の適時かつ適切な開示を行います。

8.知的財産権の取扱い

知的財産の適切な保護と活用を図るとともに、第三者の知的財産を尊重し侵害することのないよう適正に管理します。

コンプライアンス委員会の構成

会社案内
/ Company /

  • トップメッセージ

  • 経営理念・行動指針

  • コンプライアンス

  • 会社概要

  • 組織図

  • 役員

  • 沿革

  • 支社・工場・研究所

  • グループ会社

page_top