製品案内
/ Products /
プラスチック・コーティング材料

結晶核剤 お問い合わせ 東京03-5540-8105 大阪06-6203-3963

ゲルオールシリーズ(ポリオレフィン透明核剤)

結晶核剤は少量で結晶性樹脂の結晶化を著しく促進し、均一で繊細な結晶を生成させます。機能性付与樹脂添加剤として、高透明や高剛性はもちろんのこと生産性の向上など多岐にわたる改質効果が得られます。

当社の結晶核剤【ゲルオール】ならびに【RiKAFAST】は、ポリプロピレンに添加することで、ポリプロピレンの結晶化を促進することによりその透明性を著しく向上させることができる透明核剤です。発売以来、国内外問わず多くのお客様に透明性改善および寸法安定性、剛性などの物性改善を目的に幅広く使用されております。その用途も多岐にわたり、塗料・インキ・接着剤・エポキシ樹脂などの熱可塑性ゲル化剤・固形化剤として、また有機溶剤をゲル化剤する性質を持っているため、インキ、ペンキ、エポキシ樹脂などの増粘剤またはチキソ剤としても活用されています。

また、β晶ポリプロピレン核剤【エヌジェスターNU-100】は当社が独自に開発したポリプロピレン樹脂の結晶形態を変える全く新しいタイプの核剤です。

ゲルオールシリーズの特性については、こちらをご覧ください。

結晶核剤とは お問い合わせ 東京03-5540-8105 大阪06-6203-3963

結晶核剤【ゲルオール】シリーズは、結晶性樹脂であるポリプロピレンに添加すると結晶化を促進し、ポリプロピレンの透明性を改善することができる透明核剤です。

結晶核剤には、大きく分けて溶融型核剤と分散型核剤の2種類が存在します。当社の【ゲルオール】シリーズは、溶融型核剤に分類されます。 【ゲルオール】シリーズをポリプロピレン樹脂に添加し、溶融成型することで透明性・機能特性・サイクルタイムの向上・収縮異方性の改善などの効果を出すことができます。

無機系 価格は安いが、効果不十分な場合が多く、分散不良等の問題がある。
例:タルク
有機系 分散性に優れ、少量で効果的であるが、比較的価格が高い
分散型核剤 剛性等の機械的特性の向上。
例:芳香族カルボン酸金属塩リン酸金属塩
溶解型核剤 透明性等の光学特性の向上。
例:ソルビトール系核剤・ノニトール系核剤・アミド系核剤

使用方法

【ゲルオール】をポリプロピレン樹脂に添加溶融することで、透明なポリプロピレン樹脂ペレットが得られます。これを成型機を使用し、お好みの形に成形していただけます。

代表物性一覧

透明性

ヘイズ値が約50%減少します。

PPのみ PP+ゲルオール

機械特性

弾性率が約30%向上します。

PPのみ PP+ゲルオール

サイクルタイム

生産効率が約10%向上します。

PPのみ PP+ゲルオール

収縮異方性

異方性が約15%改善します。

PP+ゲルオール PP+NA-1
製品 ゲルオールD ゲルオールMD ゲルオールDXR
構造式
CAS RN® 32647-67-9 81541-12-0 135861-56-2
プロセスウィンドウ ★★★ ★★
透明性 ★★ ★★★
機械特性 ★★ ★★★
臭気 ★★ ★★★

※ 上記のデータは当社のラボにて行った試験結果に基づくものであり、その性能や品質を保証するものではありません。

上記以外にも低臭気品、粉体流動性改善品などお客様の様々なご要望にお応えした製品がございます。詳しくはお問合せください。

製品ラインナップはこちら

β晶核剤とは お問い合わせ 東京03-5540-8105 大阪06-6203-3963

結晶性樹脂であるポリプロピレンは、結晶核剤の種類によりα晶やβ晶を形成することができます。

ポリプロピレン樹脂の結晶は通常α晶が発現することがほとんどですが、β晶核剤【エヌジェスターNU-100】は、条件を設定することによってβ晶を発現させることができるユニークな製品となっています。

β晶はα晶に比べ融点が低くなり、成型時における加工性の改良などに効果を発揮します。
また、加工条件の設定により、耐衝撃性や剛性などの物性を改善することが可能です。

PL やFDA をはじめ、世界各国での化学物質に関する法規制・自主規制に登録しておりますので、食品包装容器や医療用容器など幅広く安心してご利用いただけます。

地域 製造・輸入関連法規 食品衛生関連規制
日本 安衛法 5-1175 PL [B]PL-2113
化審法 4-1799
米国 TSCA PMN 承認済み FDA FCN No.713
欧州 ELINCS 430-540-6 EFSA Ref.No.47500
豪州 AICS 収載
韓国 TCCL 2002-3-2080

代表物性一覧

求める性能に応じてポリプロピレン樹脂にエヌジェスターNU-100を添加、加工いただくことで成形性の改良、剛性および耐熱性の向上、耐衝撃性の向上などの効果を発現することができます。

※ポリプロピレン樹脂に他の核剤(例:タルクや造核剤)が添加されている場合、エヌジェスターNU-100 の添加効果が十分に発揮されない場合もあります。

射出成形の例示

エヌジェスター®NU-100は求める性能によって添加量および成型加工温度が異なりますが、特徴的な物性は以下の通りです。

剛性・耐熱性を向上させたい場合
NU-100添加量 混練温度 成形温度
0.1~0.2% 270~300℃ 200℃

※上記条件は加工機によって若干異なります。

剛性(曲げ弾性率)

弾性率が約40%向上します。

耐熱性(荷重たわみ温度)

荷重たわみ温度が約40℃向上します。

耐衝撃性を向上させたい場合

デュポン式落下衝撃試験機による耐衝撃試験

耐衝撃性を改善する例を示します。
こちらの写真は、エヌジェスターNU-100を配合していないブランクと、エヌジェスターNU-100を配合した系での耐衝撃試験後の試験片外観です。

NU-100添加量 混練温度 成形温度
0.05~0.1% 250~270℃ 250~270℃

同一重量、同一高さの重りを用いて、落下衝撃試験を実施した場合、明らかな衝撃強度に違いを確認できます。

また、NU-100配合のPP試験片の50%破壊エネルギーは、約10倍ほど向上致します。

※ 上記のデータは当社のラボにて行った試験結果に基づくものであり、その性能や品質を保証するものではありません。

製品ラインナップはこちら

ゲル化剤 お問い合わせ 東京03-5540-8105 大阪06-6203-3963

ゲルオールシリーズは、有機溶剤(特にNMP、ジメチルスツドキシド、DMF)によく溶け、加熱溶解後に冷却することによって、溶剤をゲル化させることが可能です。

特に、ゲルオールD、およびゲルオールMDは優れたゲル化性能を発揮し、インク塗料の粘度調整剤やハンダペーストなどのチクソ剤として使用いただいております。

使用方法

製造工程

溶剤(エタノール)
ゲルオールD 1%
添加直後
加熱溶解後
冷却するとゲル化します

※溶剤の種類によって溶解度が異なります。詳しくはお問合せください。

製品ラインナップはこちら

page_top